しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか流行りについて書くよ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメだよ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

新型肺炎への国の対応はどうか?

どもども。

今日は単純に色々してたので遅くなってしまいました()

ここ数日話題の新型肺炎についてお話していこうと思います。ですが、私は医学に精通しているとかは全くないので、国の対応についての感じ方をお話していきます。

 

中国で感染が拡大している新型肺炎。まずは武漢での感染が確認されました。その後、中国全土に広まっていきました。中国政府はかつて、SARSの感染拡大を隠していたことがあります。

しかし、今回は恐らくそれをせず、早い対応に踏み切りました。この対応は非常に大きかったと感じます。武漢の封鎖や患者の隔離など、中国政府らしい大胆である意味強引な手法が多いですが…それでも、さすがの対応力だなと感じました。さらに、新しい病院もわずか10日ほどで建設するようです。ちょっと恐ろしいですが…(笑)

 

日本はどうでしょうか?

今回の対応は比較的早いのではないのかなと思いました。今までであれば、もっと閣議などでグダグダやっているイメージがありましたが、今回はそうでもなさそうです。規制の強化や武漢からの希望者の帰還など、早めの対策に乗りきったなと思います。

恐らくこの対応は、東京オリンピックを意識してのことかと思います。開催時期の8月にコロナウイルスが流行っていては、開催自体が危ぶまれます。これまで様々な問題が起こってきて、さらに中止にせざるを得ないような状態になれば、政権も危ういとの判断かと思います。

 

そして、この新型肺炎の影響が大きいのは何より観光、販売業でしょう。中国の春節にぶち当たってしまいましたからね…これは大きな損害になるのではないかと感じています。この影響を、企業がどう対応していくか、経済がどう動いていくか…非常に興味深い問題だと思います。

 

最後に、恐らく新型肺炎の蔓延は防げないでしょう。さらなる政府からの対応を待つのではなく、自分ができる予防法、また、デマに踊らされない、拡散しないようにすることが大切だと感じます。自分の身は自分で守らないといけません。早く収まることを願っています。

 

それでは「再见!」