しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか流行りについて書くよ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメだよ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

冷凍食品やポテトサラダを買うのは「怠慢」なのか?

どもども。

最近話題になっている話です。私は大学生かつ実家暮らしということで、あまり料理をすることはありませんでした。ただ、去年祖父が亡くなり、母が実家によく行くようになってから、料理をする機会が増えました。そんな私が冷食やポテサラの話題についてお話します。

 

私は世の中の主ふのように、続いて何ヶ月もご飯を作った訳ではありませんが…それでも忙しい日や時間が欲しい日、あとは主菜に力を入れたい時には惣菜を買ったり、冷食を使ったりします。じゃあそれが悪いことかと聞かれれば、私はNOと答えます

例えば土日などの休みだけ作るのであれば、惣菜や冷食を使うのは…と思う人も多いでしょう。せっかく作るから良いものを、そう思うのではないでしょうか。確かに作ることは素晴らしいことですが、それが毎日のことに適用されると思うのは大間違いです。その日によってメニューを変え、量や質を考え、料理以外のこともしなければならない…それは、ただ休みの日にちょっと作るということとは話が違うわけです。そのことを考えれば、惣菜や冷食を使うというのは合理的なことですし、ただ自分で作るよりも賢いことだと私は思います。なんなら、自分で作ると意外と材料費がかかって高くつくものに関しては、経済的だとも言えるでしょう。

 

ただ、これを一方的に相手に分かってもらうというのは難しいと思います。相手が毎日作ったことが無い人であれば、その辛さや大変さは分かりません。経験の無いことをわかってもらうのは無理がありますし、それは賢くないことです。喧嘩の元にもなるでしょう。

ではどうすれば良いか?まず最初に考えられるのは、相手に1度、1~2週間毎日夜ご飯だけでも作ってもらうようにするのが良いのではないでしょうか?つまり「経験してもらう」ということです。それだけでも料理に関する理解は深まるのではないかと思います。

以上のことは対処療法ですが、予防するにはどうすれば良いか?これは、比較的時間のある時…そう、大学生の時に経験するのが一番です。なかなか難しいことかもしれませんが、自分の子供にやらせてみるとか、もし自宅住みの大学生がこの記事見ていれば、明日からでもやるべきだなと思います。私はこれで価値観が大きく変わりました。

 

価値観を変えるのは非常に難しいことですが、やるしかないという状況の人もいるでしょう。どちらかというと問題になるのは男性側なので、そちらの価値観をこれからどんどん変えていくべきなのでしょう。

 

それではー「再见!」

【庶民の味方】100円回転寿司はどこが一番?

どもども。

私が小さい頃…小学生くらいの時でしょうか、その時はまだ寿司といえば回転寿司という感じではありませんでした。近くにあったのもかっぱ寿司だけでしたが、今では数多くの100円回転寿司があります。おかげで、色んな比較ができるようになりました。今日は、そんな100円回転寿司の話です。

 

今日お話するのはかっぱ寿司」「はま寿司」「スシロー」「くら寿司です。ただ、あくまで大学生の主観ですので、紹介程度で簡単に…あと、関東住みなので、関西圏の100円回転寿司はわかりません(笑)

 

さて、まずは最も老舗(?)のかっぱ寿司です。100円回転寿司の代名詞であったかっぱ寿司ですが、最近はその名を多くは聞かなくなりました。正直、どこをとっても器用貧乏な気がします。味、値段、サービス…全てがノーマルです。ただ、それを良いとする人もいるので、試してみる価値はあります!

次ははま寿司です。はま寿司は、100円回転寿司チェーンで(恐らく)唯一ドライブスルーがあり、その手軽さは1番だと思います!さらに、最近は回らない回転寿司となっている店舗も多く、カピカピの寿司を食べなくて済むようになっています!その代わりちょっと注文は面倒かもですが…

3番目はスシローです。元は商人の街大阪で誕生した100円回転寿司で、今では全国区です。スシローは、4つの中で一番寿司のクオリティが高いです!まず目立つのはネタの大きさで、キャンペーンでもほとんど質が落ちません。その代わり、100円で食べられる商品は少なく、少し高級志向です。安さという面では他店より落ちますね…他店では大トロでも200円が最高値ですが、スシロー最高値は300円皿です。(インドマグロは980円ですが…)プチ贅沢といったところでしょうか。

4番目はくら寿司です。ここはやはりビッくらポンでしょう。創作物が結構多く、子供やファミリー向けだなと思います。また、特許出願中の「鮮度くん」という物もあります。はま寿司とは別思考で、カピカピ寿司を食べなくていい方法を考えています。このご時世の飛沫対策にもなって素晴らしいと思います。

 

さて、4つの寿司店を紹介しました。個人的におすすめはスシローですね。多少高いですが、銚子丸やすしざんまいとかのレベルでは無いですし…逆にちょっとうーんって感じなのはかっぱ寿司です。昔は良かったんですが、周りが強くなりすぎた感じですね…今食べに行かなくてもいいかなって個人的には思います。

皆さんはどういう100円回転寿司に行くんでしょうか…決まった土地にある回転寿司屋も面白そうですよねー。

 

それではー「再见!」

中国の政治の恐ろしさを痛感した日

どもども。

香港の周庭さんが逮捕されたというニュースが今日入ってきました。全く物騒なニュースですが、正直それだけでは済まないと私は思っています。また、私達がやってはいけないこともあると思っています。そんな話をします。

 

中国の政治は、北朝鮮よりもまだある程度世界的に知られているだけマシだとは思います。しかし、その実態は知られていたとしても恐ろしいものです。難しいことは省きますが、今回周庭さんが逮捕された罪である国家安全維持法。簡単に言えば、国家に歯向かう行動をした人は逮捕という法案です。しかも、逮捕された人の最も厳しい罪は無期懲役です。私は、民主活動家の人たちをとにかくこの法案で逮捕し、無期懲役で世の中から民主活動家をいなくするという目的があると思っています。これは、今後中国が北朝鮮と同じような恐怖政治かつ独裁国家になる兆候だと思います。

 

さて、中国も恐ろしいですが、日本人がやってはいけないこともあると思います。それは、中国人の差別です。「中国政府が恐ろしい」これは間違いのない事だとは思いますが、じゃあ必ず「中国人が悪いやつ」と言えるでしょうか?これは全く当てはまらないでしょう。私は大学で中国語を学んでおり、先生は中国人です。でも、教えていただいている中国人は非常に良い方です。今まで中国人の人と何人も関わってきましたが、別に日本人と変わりません。もちろん、犯罪をしたりする中国人もいますが、それは日本人も一緒です。日本人犯罪者だってたくさんいるわけですし。

 

本当に今回の件で実感したのは、日本人は恵まれているなあということです。SNSで政府に対する批判を言える。これは当たり前のことであるべきですが、世界的には当たり前じゃないのです。この民主的状況を、必ず守り続けなければならないと思います。

 

それではー「再见!」

【自由(?)】クラスターフェスについてどう思う?

どもども。

まああんまりこういうのって拡散にあたるかもしれないので、書かない方がいい場合もあるのですが…ただ、彼らは恐らく本当に「コロナは風邪」だと思っているのでお話したいと思います。

 

彼らの目的、それは「コロナは風邪だ」という合言葉の元、生活に「自由」をもたらすことでしょう。しかし、クラスターフェスをすれば本当に自由になるのでしょうか?

私は「ならない」と断言できます。これは「思います」ではなく断言します。タダでさえ今後、休業要請を拒否する等、コロナウイルスの感染対策を怠った場合の罰則が出来る可能性があります。恐らく、クラスターフェスを行うことにより、この罰則の制定スピードが早まるでしょう。だって、この活動はほぼ間違いなく新型コロナウイルスの感染を拡大させる活動ですからね。ある意味ではテロです。

そもそも(今回は行われませんでしたが)、迷惑行為をしながら山手線1周すれば、威力業務妨害罪に問われる可能性があります。自由を求める人が、自らの行動で自由が失われるという不思議な展開になってしまいます。

 

そもそも、日本では海外ほどの強い政策を取らないのは何故か…それは、日本人の集団意識の高さなど、様々な要因が挙げられますが、そのうちの一つは、過激行動がないからだと思っています。多少のデモは今までもありましたが、このような大規模なテロまがいの行為はありませんでした。それが今回のテロまがいの行為で変わってしまうのではないかと考えています。

 

医療従事者への侮辱行為であることは間違いないですが、それ以上にこの行為は我々の自由を奪う行為であることを知る必要があると思います。悲しいことですね。

 

それではー「再见!」

【誰でも出来る】YouTubeの「ゆっくり実況」って何?

どもども。

YouTubeをよく見てる人もたまにしか見ない人も「ゆっくり実況」というものに出会ったことがあると思います。でもこれ、前知識ないと「なんだこれ?」という状態だと思います。でもこれ、動画制作に興味のある人に対しても非常に有能で便利なシステムなんです!

 

「ゆっくり実況」というタイトルがついている実況動画は、作っている人自らの声ではなく、合成音声というものが使われています。基本的には自らの声を出さなくていいので、高性能なマイクや静かな環境が必要ない状況下で作ることが出来ています。製作者さんの声や顔は…まあ想像してください(笑)

もうひとつ気になるのは、ゆっくり実況で出てくるキャラって何?ということです。あれは主に、東方Projectいうところのキャラが使われています。二次創作がかなり許されている界隈ですので、非常に自由度が高いです。だから皆さんここのキャラを使ってるんですよねー。

 

さて、実は私はこの「ゆっくり実況」というのをやっていました。その利点は、全て無料で出来ること、自分の素性を明かさなくていいこと、文字だけよりも目立つ動画が作れることです。そこまでパソコンのスペックも必要ないですから、動画作りに興味を持っている人に非常にオススメです!

有志で作られている編集メーカーである「ゆっくりムービーメーカー」「aviutl」を使い、キャラ絵も無料で使うことができます。ソフトあるあるな外国語表記ではなく、全て日本語でわかりやすいです。

 

じゃあなぜ私がやめたのか…ゆっくり実況のデメリットも含めて2つお話します。

1つ目は、簡単だけど時間はすごくかかることです。自分の声でやれば、気にならなければカットだけでも動画を作ることができます。しかし、ゆっくり実況は一言ずつ入れなければなりません。これはかなり根気が要ります…(笑)

2つ目は、合成音声は好き嫌いが分かれるということです。独特な音声ですから、ノイズっぽくも聞こえます。これはほんとに好き嫌いなので…

 

「ゆっくり実況」の実態と、おすすめする点やちょっとめんどくさい点など、わかっていただけたら嬉しいです。

 

それではー「再见!」

新型コロナウイルスについて今知りたいこととは?

どもども。

この記事を書こうと思ったきっかけ…それは、大学の統計学の課題です。その課題とは新型コロナウイルスのデータを用いて統計的に分析しなさい」という内容でした。この課題から、知りたいことが増えてきました。別にその知りたいことを解決する訳ではなく(というか出来ない)「こんなことが知りたい!」というのを共有したいなと思っています。

 

①後遺症の有無と確率

「若者は重症化しにくい」これはまあ分かるんですけど、軽症でも後遺症があるということがよく言われます。でも、その確率や割合がハッキリしません。テレビは「ほら!!若者も後遺症が!!」みたいにはやし立てますが、実際それはどのくらいの割合なのか?どのくらい重症なのか?そこがイマイチよく分かっていません。そこが若者ととしては知りたいことですね。

 

PCR検査の意味

PCR検査は、検査の精度が約70%だという話があります。70%と言わずとも、その精度に確実性が無いのは問題です。そのような検査を2万件3万件やって本当に意味があるのか?まず薬よりワクチンより、ちゃんと感染者がわかるようにした方が良いのではないか?と思います。

 

③いつまで自粛?どうなったら解除?

今日か昨日に、感染状況をステージ分けするための具体的数字が出されました。これも今の今まで出ていなかった訳ですが、逆に「これなら多少解除してもいい」という基準は未だにありません。これは、自粛する側のモチベーションに関わってくると思います。多少無理そうな基準だとしても、ないよりある方がいいはずです。なぜこの基準が無いのか?もしくは作れないのか?ここは気になるところです。

 

主に言えるのはこの3つでしょうか…なんでワクチンが急に手に入るようになったのか?とか、なんで日本では死亡率が低いのか?とか聞きたいことは山ほどありますが、個人的に厳選しました。(厳選基準は自らの生活に大きく関わること)もう少し余裕が出来たら、これらのことに関しても、なにか研究結果とかが出ればいいですね。(③に関しては特に早急にして欲しいですが)

 

それではー「再见!」

【これ必要?】右翼左翼という分け方について

どもども。

コロナの騒動より前からよくある言葉ですが…「右翼」「左翼」という言葉があります。主に政治思想に関する言葉で、政治学では「右寄り」とか「左寄り」という言葉を使います。しかし、世の中が多様化している中でこの言葉達は必要なのか?それについて話したいと思います。

 

まず、政治家の方々に関しては、自らの政治姿勢を見せるために、この考えは必要なんだろうなと思っています。それが政治家の考えとして、有権者に見せる訳ですから。

 

ただ、我々有権者としては右翼とか左翼とかって無理に決める、相手を決めつける必要はないと思います。政治家よりも、ただの有権者は色んな視点の考えを持っています。右寄りの政策が好きな時と、左寄りの政策が好きな時が別れるということです。その時その時で自分の意見が変わる訳ですから、分ける必要は無いなと思います。

あと、私のような知識の無い人が、無理に片方の意見の肩ばかり持つと、必ず感情論や陰謀論で話をし始めます。だから、自分を右翼だ左翼だと決めつける必要は無いはずですし、決めつけるのは、自らの考えであっても良くないと思っています。

 

話は変わりますが…右翼、左翼という言葉以外に、最近はネトウヨ「パヨク」っていう言葉もありますよね。私が思うに、これらの言葉は「迷惑系YouTuber」と同じ意味を持つと思っています。すなわち、そんなものは存在しないということです。迷惑系YouTuber=ただの犯罪者です。それと同じようにネトウヨ・パヨクと呼ばれる人=過度な誹謗中傷やデマを流す人ということです。(もちろん、相手をそうやって罵る人もいますが)

 

右翼や左翼の話をしてきました。まあ、本当にここら辺は人によって考えが分かれるところです。ここら辺を考えるのって、本当は楽しく、興味の持てる内容のはずなんですけどね…変な考えを持ったりする人がいるので大々的にこういうことを話すと変な人扱いです。なんだかなあ…

 

それではー「再见!」

【#ひろしまタイムライン】大学生が考える「戦争」とは

どもども。

今日は8月6日。広島に原爆が落とされてから75年が経ちます。当然のことですが、私は当時の人ではないですし、自国で起きた戦争を知りません。そんな中で、非常に心に衝撃を与えるNHKの企画がありました。それがTwitter上で行われている#ひろしまタイムラインです。これは、当時原爆が落とされた広島の近くにいた3人の手記を元に、ツイートされているものです。結構過激な表現もあり、私はそういった表現が苦手なのですが、どうも心に留まり、見入ってしまいました。当時の恐ろしく凄まじい光景、人に見えないような姿になった人…信じられないことが目の前で起こり、それを鮮明に表しているタイムラインだと思いました。そのようなタイムラインも見て思ったこと…今日はその話をしたいと思います。

 

正直、いくら授業でやっても、テレビを見ても、全く現実味が湧きません。そのような状況が想像できないのです。東日本大震災のように、自らが揺れに巻き込まれたり、鮮明な動画があれば分かるのですが…言葉だけではどうしても分からないものがあります。もちろん、戦争が行われてはならないことは分かっていますだから、我々現役世代は絶対戦争を繰り返してはならない。でもその説得力にはかけてしまうのです。

とはいえ、我々の祖父母世代が戦争世代なので、話を聞く機会はまだある方だと思います。これが、私達より下の世代…本当に戦争を知らない世代が現れた時「戦争はダメな事じゃないんじゃない?」そんな人が現れそうで怖いのです。その時に我々がどのくらいの説得力をもって戦争はダメだと伝えられるのか…そこはこれからの課題だと思います。

 

それではー「再见!」

吉村知事の「うがい薬騒動」について

どもども。

何回やれば気が済むのか…

やっとマスクの品薄が解消し始めた今、今度はうがい薬が品薄になってしまったらしいですね。さらに、メルカリで高額転売されている…いい加減学習しないんでしょうか?

マスクやアルコール消毒液が、4月頃に売り切れや転売が相次いでからもう3、4ヶ月経ちました。まずアルコール消毒液やアルコールが入ったウエットティッシュが店頭に顔を出し、その後「アベノマスク」の発表、マスクやアルコールの転売禁止、マスクの生産増により品薄が解消しつつあります。そんな中でのうがい薬騒動

 

吉村さん自身には(きっと)悪気がなかったのでしょうが、それでは済みません。毎朝ドラッグストアの前には密になる大行列、対応におわれるドラッグストアの店員、そんな光景は少し考えれば分かるはずです。確かに、うがい薬にコロナウイルス対策の効果があるか否かは重要なことです。我々の今後の生活に役立つ内容ですから。ただ、それを政治界の人間が言うべきことなのか?尾身さんのような専門家の発表ならまだ分かりますが、それよりも影響力がある、かつ専門家でない人が言う意味はあったのか?非常に謎です。

 

もし私がこの事実を発表する立場に立たされたなら、そのタイミングを考えるべきだと思います。なんの前情報や準備もなしにいきなり発表するのではなく、まずは医療従事者の分の確保(これは吉村さんもやっていたようですが)、その後「アベノマスク」のように「ヨシムラのうがい薬」くらいの事をやって騒動を未然に防ぐべきだったと思います。

それでもドラッグストアに人は集まるかもしれません。ただ、今のこの最悪の状況のことを考えれば、ある程度の騒動押さえ込みは出来たのではないかと思います。

 

私は政治界に少し興味のあるただの大学生ですから、もしかしたらもっといい案があるのかもしれません。でも、そんな私でも今回の発表時期、方法は明らかに良くないと思います。我々消費者ができるのは、過度な買い込みをしないことくらいですが、バカな消費者がいる限り品薄は解消されないと思います。

 

それではー「再见!」

【記事紹介】人気者やプロになるためには?

どもども。

今日は記事の紹介です。記事というより動画の紹介かもしれませんが…

 

皆さんご存知である有名YouTuberのHIKAKINがあげた動画でのことです。詳しい内容は記事や動画を全て読んでいただけるとわかると思いますが…ここでHIKAKINが言っているのは「今有名な人を研究すれば誰でも有名YouTuberになれる」ということです。それはつまり、運が関係している訳ではなく、正しい努力すれば必ず有名になれる、という事だと思うのです。

 

これはYouTuberに限らないのではないでしょうか?

私がやってるブログであれば、多くの人に見られている有名ブロガーを真似する。私は実際に「有名な人は最初毎日更新して、投稿本数を多くする」というのを実践しています。(それ以外やってないので有名にはなれていませんが)勉強であれば成績のいい人を真似する。そうすれば恐らく、その人と同等レベルにはなれるのではないでしょうか?もちろん、クリエイティブな思考が必要なことは、ただのパクリではダメでしょうが。

 

しかし、真似をするというのは簡単なことではありません。まずは真似する人を分析することから始めなければならないのです。しかもその量は膨大です。

HIKAKINは「誰でもなるチャンスはあるよ」ということと同時に、「それは簡単なことではない」という2つを伝えたかったのではないかと思います。

 

それではー「再见!」

 

記事です↓↓↓

https://fumumu.net/173539/