しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか気になることとかの雑多ブログ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

【歳取ったかな】塾講師してると生徒の元気に負ける話

どもども。

今日は前日とは変わりものすごくゆるーい内容です。まあ大学生ってもう元気の塊じゃないんだなって話です。

 

私はバイトで塾講師をやっています。その塾では3月から新年度でして、新たなクラスを持つことになりました…が。もう元気の塊過ぎて凄いんですよね。とにかく元気な中学生でして…今まで持っていたのが落ち着いたクラスだったので、ギャップがあるというのも一つの理由ですが。授業中にネタを「1」入れたとすると、その返答として「5~10」返ってくる感じです。下手すると一生授業進まなそうで怖いです。いや、楽しいんですよ。めちゃくちゃ反応返ってくるのが、やってる方としてもやりやすいですし楽しいんですけど…制御に力が必要です。スポーツカー運転してる感じです。

まあ結局何が言いたいかって「俺もう元気ねえんだな」っていうのと「中学生っていつの時代も元気だな」ということです。なんで学校で授業受けてその上で塾に来てそんなに元気なのか…でもよく考えたら私も部活で野球やってから遊んだり勉強したりしてたなと。元気だったなあと20歳になる前に思います。あとは、物凄く楽しいことは少しで良いという気持ちになったなと感じます。胃もたれするし疲れるんですよね…

 

恐らくこうやって歳を経る毎に「あの時は元気だったな」と感じるんだと実感しました。ただ、中学生を見てると気持ちは若返るし元気が出るので今年1年また頑張ろうと思います。

【嘘だろ】適当すぎる「緊急事態宣言」に驚き…

どもども。

連日コロナ関連話題で申し訳ないですが、言いたくなることが多すぎるので仕方ないです。今回は「緊急事態宣言」そのものについてお話します。

緊急事態宣言は今回再延長という結果になりました。これに対する私の意見は以前記事にしたのでそちらをご覧頂ければ良いのですが…あまりにもお粗末な緊急事態宣言な事に驚きました。

 

お粗末な点1:今更決めるor発表する解除基準

これは主に地方自治体の話ですが、緊急事態宣言の解除基準を今更決めるとか発表するとかしてるのです。いや、そんなものは最初に決めるものだろうと思います。今までそれを発表せずにとにかく「自粛自粛」ってふざけてますよね。

お粗末な点2:意味の無い「2週間」

「2週間」の延長ということですが、何が基準なのでしょうか?菅総理に聞いても専門家に聞いても誰もハッキリとした答えを教えてくれません。唯一あるのは「最低限今の状況が分かるのが2週間である」という1人の専門家の意見のみ。それだけが理由なのならなんと無駄な2週間でしょう。根拠の無い2週間。これこそ本当に「やってます感」を出すためじゃないのかと思います。

お粗末な点3:無駄な「自粛」要請と矛盾した政策

とにかく国民に「自粛」だけを呼びかける姿勢。いい加減辞めたらどうかと思うんですけど。効果無い気がしますよ…だって自粛したって自分の得になること何にもないんですから。いくら博愛主義の人でも自分にマイナス影響しか無いのなら、全面自粛する人なんて一部だと思います。しかも政策があまりにも矛盾しています。イベントは行ってもいいのに外出は自粛。観光地は開けても良いけど外出は自粛。意味が分かりません。イベントも観光地も言わば不要不急であるものです。それを本気で止めようとはしていない姿勢がよく見えます。本気で人の流れを止めたいなら、一般市民にも事業者にもある程度の補償を行う。それが無理なら午後八時以降の外出自粛に留める。どちらかしかないのに矛盾した政策を行うその姿勢に問題があると思います。

 

今の状況は去年4月とは全く違います。去年4月はとにかく「分からないものは怖い」その気持ちが全員にありました。しかし今は良くも悪くもある程度ウイルスについて知っている。正しい感染対策も知っている。だからこそ外に出る人もいるんです。にもかかわらず、情だけに訴える政策はもう不可能だと思います。

「老害」という言葉は差別に当たるのか?

どもども。

ちょっとまた面白い記事を見つけたのでブログでお話しようかと。森元会長が女性蔑視発言を行ったことにより辞職しましたが、その後老害という言葉が森元会長に投げかけられていることに対して老害と言うのは差別だ」という意見がありました。果たしてこの発言は差別なのか否かお話しようと思います。

 

老害って言葉は私を含めた若者が比較的多く使っているイメージがあります。まあ昔の悪い伝統とか、歳をとった悪い事をした人とかに対して言われる言葉です。まあ意味としては妥当な言葉ですが、あまり良くない言葉であることは確かです。じゃあ差別言葉かと言われたらちょっとそうは思いません。差別言葉って、基本的に何も悪いことをしてない、正当な理由や妥当な行為が無い時に使われるものだと思います。森元会長の発言は、別に女性が悪いことをしたのを踏まえた発言じゃないから問題なのです。それに比べて老害という言葉は、何かしら問題を起こした、明らかな実害がある場合に使われることが多いと思います。そういう観点では差別言葉ではなく、まあ「悪口」程度のものじゃないかなあと思います。

あともう1つ気になることは「老害」という言葉を女性蔑視発言と同等に扱った伊吹元衆議院議長の発言です。今回なんで森元会長の発言問題になったのかって、公の場で発言したからなんですよね。別に家の中でこんな話したって問題になるわけではありません。恐らく実際に「老害」という発言を小泉環境大臣あたりの若手議員が言ったらまた問題になるとは思いますが、そうじゃないですよね。伊吹元衆議院議長の発言は「僕だけじゃないもん!!あいつも言ってるもん!!」という子供的発言だなと思いました。

 

私は老害って言葉を老人の前で言うのはどうかと思いますが…だってどうせ自分もいずれ老害になるかもしれないんですし。

 

記事リンク→https://www.fnn.jp/articles/CX/151760

【大学生の本音】更なる緊急事態宣言の延長について話します

どもども。

ついに明日、緊急事態宣言の再延長が決定される見込みです。私の住む千葉県はその再延長の対象となり、再び制限がかかるということになります。今日はこの緊急事態宣言について、常に悪者にされる若者(大学生)の意見をお話します。

 

私も詳細は分からないなりに、新規感染者の推移とか、医療提供体制や、人出の増減についてはほぼ毎日確認しています。ですから、頭の中では「良くはなったけど、厳しい状況にあるな」ということが分かっています。

さて、そこまでわかった上で自分の感情はどうかというと「いい加減勘弁してくれ」というものです。頭の中ではわかっていても心ではこう思うんですよね。大学2年生の春休み、最も時間が取れるこの時期、全てを緊急事態宣言で埋め尽くされ、旅行にも満足に行けず友達にも満足に会えず、いい加減にしてくれという気持ちです。

そして、出かける全てを全面自粛するかと言われれば、もはやそんな気持ちはありません。「これだから若者は」とか言われそうですけど、「お前らに俺らの気持ちがわかってたまるか」と返します。これだけ時間がある時って今しかないんですよ。色々な経験が出来るのは体力と時間がある今だけなんですよ。この1年を棒に振られた大学生の気持ちがそうじゃない人にわかってたまるかと。

…とまあキツイ言葉で言いましたけど、別にバカ騒ぎするつもりはありません。逆に「反逆」を理由にしてバカ騒ぎする奴は本物のバカです。そうはなりたくないので、私は今までと変わらず県内のみの旅行かつ8時以降の外出・大人数での会食自粛にしようと思っています。これ以上自粛するのは、本当に政府から「これだけ保証するから頼むから家にいてくれ」という要請が出るか「感染者が急増」するときだけです。

 

若者の行動に関しては様々あるかと思います。「若者が自粛すれば全てがおさまる」とか「若者はバカだから外に出てる」とか「私達が出ていないのに外に出るなんて生意気だ」とか。でも、それに反逆したくなるくらいには限界ですし、私達の気持ちや状況を分かった気になって指図しないで欲しい。少なくとも外出していても多くは「若者≠馬鹿者」なのですから。

「指定校推薦」での受験は改善されるべきか?

どもども。

大学受験の敵(?)である「指定校推薦入学」 とにかく嫌がられるこの受験方法ですが、本当にこの受験方法はダメなものであり、改善されるべきなのでしょうか?

 

そもそもなぜ指定校推薦入学は嫌がられるのでしょうか?色んな人の意見を見ていると多いのは「学力に見合わない大学に通っているから」というものが多いです。なるほど、確かにその意見は正しいかもしれません。なぜそんなことが言えるのかというと、私自身が指定校推薦入学であり、おそらく普通の受験では入学できなかっただろうと思うからです。とにかく受験的なテストが苦手であり、その代わりに定期テストが得意でした。だから指定校推薦入学をしたのです。じゃあ指定校推薦入学者が迫害されて良いかと言われるとそんなことはありません。だって、大学に入学してから指定校推薦入学者より勉強してない&成績が悪い人なんて山ほどいますからね。

さて、本題に入りますが、私は指定校推薦受験が改善されるべきとは思いません。今のままの受験方法で良いと思います。それだけの成績を高校で取ってきたからこその結果が指定校推薦なのであって、取れなかった人にとやかく言われる筋合いはありません。まあ全員が全員、入学してから他の学生の勉強を邪魔しているのならそれは改善されるべきだと思いますが、そんなことは無いのですから。ただ、入学前に自らの実力を知るという意味で、共通テスト(旧センター試験)の受験を大学側から要請するのは良い事だと思います。「学力が足らないから勉強しなくては」と考える人が増えそうですからね。あとは「内申なんて高校教員に媚びを売れば取れるんだからダメだろwww」という人もいます。なるほど、確かにそうかもしれません。でもいくら媚びを売ったとしても、結局勉強しなくてテスト結果が悪ければ内申は上がりません。媚びを売ることは大切ですが、その効果は限定的です。

 

「実際指定校推薦入学したお前はどんな成績取ってるんだよ」と野次が飛んできそうですが、一年次は特待生に選んで頂き勉強をしています。だからこんなに強気なことを言ったのです。とはいえ指定校推薦入学で本当に勉強しないような人もいますから、全ての人を迫害するなとは言いません。

【分からない】一時期流行った「N国党」は何をしたいのか?

どもども。

皆さんは「N国党」こと「NHKから国民を守る党」を覚えていますか?コロナ前にだいぶ有名になりましたが、最近は大した話題にも上がりません。今日はそんなN国党について考えたことをお話します。

 

N国党は立花孝志氏が党首の政党です。その党名の通り「NHKから国民を守る=NHKによる強制的な視聴料徴収から国民を守る」というのが恐らく最初の主目的だったのだと思います。YouTuberとしてもそれなりに活躍し、ネット界では結構有名になってきていましたし、他のYouTuberともコラボするほど…さらに一時期参議院議員にも当選するなどと、その「勢い」は凄まじいものだったと思います。しかしその後失速感が否めず…東京都知事選にも出ていましたがどうも目立たない感じがしました。というのも、段々「国民をNHKから守る!」という方向性から「自分の利益が1番!売名が1番!」みたいな方向性に転換してきたような気がするんですよね。そうすると、結果も全く出ないただの「変質者」に世論が変わっていき、そのうち注目すらされなくなってしまいました。

私は最初「確かにNHKはなんで国民から強制的に視聴料を徴収しているんだろう」と疑問に思うきっかけになって、支持しないまでも気にはなっていました。しかし、問題を起こした議員を自分の党にどんどん招き入れたり、ホリエモンの(一部)めちゃくちゃな政策をそのまま都知事選の公約に取り入れたり、段々とおかしな方向に進んでいったように見えます。

 

有名になるために「売名」は必要ですけども、どう考えてもやりすぎな感じが出たのと、結局最初のNHKに対する対応」が適当になってしまって、何がしたいのか分からないというのが実情です。千葉県知事選にも出るそうですが…愉快票だとしても入れる気にはならないですね。それならまだ「千葉県をテーマパークに!」って言ってる変な人の方がマシです。

本当の「ジェンダーレス社会」とは何か?

どもども。

最近話題の「ジェンダーレス」。森元会長の問題も大きかったのでそれもあるかとは思いますが、やはり世界はジェンダーレスの時代のように感じます。特に「女性らしく/男性らしく」という言葉は問題に上がりますが、本当の「ジェンダーレス社会」とはなんなのか?今日はお話します。

 

少なくとも「男らしく/女らしく」と強制するジェンダーレスの社会には似合わない表現でしょう。男だから○○しろとか、女だから○○しろというのはおかしなことです。未だに「男は男らしく堂々としろ」とか「女らしくしなさい!」と相手を考えずにそのような残念なことを言っている人は多いですけどね…では「男らしく/女らしく」という言葉を使ってはいけないのでしょうか?別にそんなことはないと思います。というのは、その言葉をありとあらゆる人に見境なく言ってしまうのが良くないことなのであって、本当に「○○らしく」いたい人にとっては逆に良い言葉だと思います。

では、本当の「ジェンダーレス社会」とは何なのか?私は、その人がその人らしく生きる社会だと思っています。特に「多様性」だけを表に出すのではなく、男らしく生きたい男がいればそれを尊重すれば良いし、逆に生まれつきの性別と心の性別が違う人に対して無理強いすることもしない。そのような社会が本当のジェンダーレス社会だと思うのです。最近はとにかく「○○らしく」という言葉を消そうとしますが、それは良い方法であるとは言えないと思います。それこそ多様性を壊すことに繋がるでしょう。

 

前にフェミニストについての話もしましたが、それと同じで、何でもやりすぎると逆に差別を広げることになります。適切な多様性社会への意見を今後もしていくべきだと思います。

【ブラック校則】「地毛証明」は必要か?

どもども。

皆さんが通ったor通っている学校は、髪染めなどが許可されていたでしょうか?まあほとんどの学校はダメだと言われ、それが普通になっています。これに加えてさらに、黒髪ではない場合は「地毛証明」を提出させる学校もあります。これに関する法判断もあったわけですが、法律には詳しくないのでそこは抜きにして…実際に必要かどうかということをお話します。

 

結論から言えば、地毛証明は絶対に必要無いと思います。やるだけ時間と労力の無駄です。

そもそもなぜ地毛証明を提出させるのでしょうか?本当に染めていないか確認するためでしょうか?地毛証明書は医師の診断書が必要なものではなく、保護者名とハンコだけで提出出来ます。そんなものいくらでも偽造出来ますので、はなから教員を騙そうとしてる生徒には簡単なことです。じゃあなぜやるのかって、「うちは髪を染めてる悪生徒なんていませんよ」と自校の名声を保ちたかったり、「個性は敵だ」というステレオタイプしか持てなかったりという非合理的な理由から行っているのだと思います。もしくは「昔からやってるから…」というアホな理由でしょう。地毛の色が黒じゃなくて何が悪いのでしょう。生徒が真似する?悪生徒が増える?悪生徒なんて別に誰かが茶髪でも関係なく悪生徒でしょう。そこに合わせて生まれつきのことを、とやかく言う必要は無いと思いますけどね。

地毛証明書を作って提出させて校長までハンコを押させるという時間があるのなら、もっと他の大事なことをやったらどうでしょうか?頭髪指導じゃなくて、スマホの使い方とか、性教育とか、教員のいじめ撲滅会議とかでも良いと思います。こんなにやらなきゃいけないことがあるのに「地毛証明」なんてアホなことをやっている限り、日本の学校教育は破滅の一途を辿るでしょう。

 

日本では「教科書電子化」とか「DXを使った教育」とか先進的な教育を進めようとしていますが、結局今回の地毛証明のような根本の問題を解決しない限り進歩しないと思います。

なぜ「ひろゆき」は人気があるのか?

どもども。

新型コロナウイルスの関連番組でよく出てくるのが「よく分からないコメンテーター」です。俳優、女優、芸人…なんでもありなのがコメンテーターです。その中でも最近一際目立つのが、2ちゃんねる創設者の「ひろゆき」という人物です。コロナ前までは全くと言っていいほどテレビ露出は無かったのにも関わらず、唐突にテレビ出演が増えてきました。人気があって視聴率が取れるからこそてれびに出ているのだと思うので、今日はその人気は何故なのか考察します。

 

彼のやることや言うことはいつも過激に見えます。口調や表情も、何かを嘲笑っているかのようです。私は最初「やっぱり過激なことを言う人はテレビに出るんだな」とそう思っていました。テレビはもちろん視聴率を上げたい訳ですから、そのような出演者を選びます。よく批判を浴びる、しかしながらテレビからは好かれる梅沢富美男志らくと同じような存在だと私は思ったのです。

でも、彼はちょっと違う部分もあるなと思いました。それは、自分の意見がハッキリしているなというところです。変なコメンテーターは「ひたすら批判」ですが、そうではなく「理由をもって批判」をしているように思います。感じ方に差異はあると思いますが…そして、他のコメンテーターとの違いはもう1つあり、それは自分の話の流れに芯があるということです。ホリエモンとかは話がバラバラでめちゃくちゃな印象ですが、そうではありません。

とはいえ、肯定ばかりではありません。個人的にはその芯がある話は良いと思うのですが…なんか現実味が無いというところと、慈悲が無さすぎて「それはちょっとやりすぎ」というところはイマイチ私とは合わないなと思います。良くも悪くも世間知らずという人なのかもしれません。

 

総じて言うと、批判意見を芯を持って言うから人気がある、ということです。私個人としては、変なコメンテーターより聞く気は起きるけど意見はあまり好きじゃないです。

「これネタだからwww」はおかしいと思う

どもども。

まあよくTwitterで見る言葉で、大体批判的な意見を言う人に対して言われている言葉です。しかし、どう考えてもこの言葉おかしいと思うんですよね。

 

「ネタツイ」って結構Twitter上に多くて、上手くシャレを効かせたりした面白いものも多くて私は好きです。別にそれそのものに対してどうこう言うつもりはありません。

ただ、そのツイートを見て本気にしてしまう人は絶対いますし、どうしても物申してしまいたくなる人もいます。でもそれはおかしい事ではありません。その「ネタツイ」が不謹慎なものであったりする場合は特にそうですし、最近はそういうものが多いと思います。それを本気にしてしまった人に対して「ネタだからwww」と煽るのは失礼だと思いますね。

あとは「ネタだから」という一言で自分の悪事をなんともないかのように言う人もいますよね。ネタとして通じるか否かって見る側が決めるものだと思うのですが…炎上を避ける言葉とでも思っているのでしょうか?

 

Twitterの使い方って難しいなとは思います。色んな人が使うようになってしまったからだと思いますが…治安が悪いように思います。まあそれでも面白いから使うんですけどね。