しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか気になることとかの雑多ブログ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

枝野氏「一番悪いのは大阪府知事だ」は正しいか?

どもども。

ちょっと前の話になってしまいましたが…題名でのカギカッコは、立憲民主党代表の枝野氏が国会において放った言葉です。今日はこの発言についてちょっとお話したいと思います。

 

ここで話題に上がった大阪ですけども、新規感染者数が何日も東京を上回り、過去最多を更新し続けるという異例の事態となりました。さらに、ここ数日は死者数もかなりの数出ており厳しい状況です。また、緊急事態宣言解除後に重症病床を減らすという政策をしていたようで、これが大きな間違いだったという議論に発展しています。これに対して枝野氏が「一番悪いのは大阪府知事だ」と発言しました。

個人的には確かに感染者数が完全に減りきっていない、人出が明らかに増えているような状況で、しかもここ1年の経験があったにも関わらず重症病床を減らすというのは大きな間違いだったと思います。病床はそんなに簡単に増やせない訳ですから、減らすよりもむしろ感染者が減っている時期に増やすべきだったと思います。ここを批判するというのは非常に理にかなっていると私は思います。むしろこれを考慮していなければ、この対策を容認していることになりますからそれは問題です。

ただ、気になる点は「一番悪い」のは府知事なのか?ということと、その言い回しです。政治家の方々は、まず都道府県民と国民の命を守るべきだと思いますし、その責任を負うものだと思います。ですが、府知事だけではなく国会議員や病院、医師会といったところにも責任はある程度あったでしょうし、その責任に優劣を付けるべきなのかというのが疑問です。誰が一番と決めつけることが本当に正しいとは私は思いません。さらに、国会という公的な場において、コロナという未知のウイルスと戦っている人に対して「感染拡大と病床逼迫はお前が悪い」と直接的に言うのは如何なものか…これが許されてしまえば、例えば感染した人に対して「お前は感染したから悪い」と言うのも正しいとは言いませんがそれに近い意味にとられてもおかしくないかと思います。

 

誰が悪いとか、どのくらい悪いとか、直接的にお前が悪いとか…さらにそれを言われた維新の会が「あなたの政党が一番悪い」とか、小中学生なら分かりますけど、大人がする議論では無いでしょう。もう少し建設的な議論を期待したいものです。