しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか気になることとかの雑多ブログ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

【就活】オンラインインターンってどうだろうか?

どもども。

初めて就活についての記事を書くことになります。就活の話をするようになるくらいの歳になってしまったということです。

さて、現在コロナウイルスの感染拡大で、インターンシップもオンライン実施のところが多くなっています。そんなオンラインインターンどんな利点や悪点があるのでしょうか?私の経験も踏まえてお話します。

 

利点としてすぐに挙げられるのは、まずわざわざ会社に行かなくても良いという点です。企業の多くは大都市にありますので、今までは地方に住む人の参加が難しい企業もあったかと思います。しかし、オンラインであれば自宅から参加出来るわけですのでここは利点でしょう。時間もお金も有効活用できます。私は千葉に住んでいますので、企業の大半がある東京まではそれなりの時間とお金がかかります。それが0になる訳ですからありがたいです。

次に挙げられるのがインターンへの参加がしやすくなったという点です。インターンというと、直接企業の方と会うということで、かなりの緊張、そして行くまでの迷いが生じるかと思います。しかし、オンラインであれば割と気軽に参加することができます。これにより、今まで以上に様々な企業について深く知ることができるようになっていると思います。

 

一方で悪点もあります。それは企業比較が難しいという点です。今までは合同説明会という企業が一箇所に集まる企画があったのですが、今年はありません。そこでは様々な企業が参加する訳ですから、企業側だけではなく就活生側も簡単に企業比較が出来たと思います。しかし、オンラインでは自分でそれを意識的にやらなければなりません。そこは悪点かなと思います。

あとはやはり対面とオンラインの集中力の差が挙げられるでしょうか。オンラインインターンは気軽に参加できる反面、自宅ということもあり集中力が続かないこともあると思います。というか私がそうです。授業でもそうですが、どうしても家だと周りに誘惑物(ゲームやスマホ、布団など…)があります。集中力を上げろというのはごもっともですが、そんなすぐには変われません。

それ以外にも家庭によって部屋の環境やネット環境の差があるので公平ではないかなと思います。私も何回かネットが止まって焦りました…

 

オンラインインターンは対面とは様々な点で異なってきます。ただ今後はこれがスタンダードになる可能性が高いですので、慣れていきたいなと思います。