しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか流行りについて書くよ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメだよ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

安楽死・尊厳死についてどう思う?

どもども。

皆さんは安楽死尊厳死というものについてどう思いますか?

私はこれに関して、絶対的な正解があるとは思っていませんが…個人的に色々思うところ、考えるところはあります。今日はそんな話です。

 

日本では安楽死尊厳死は法律上認められていません。これを手助けした人は、自殺関与・同意殺人罪という犯罪を冒した人になってしまいます。場合によっては殺人罪にあたることもあるでしょう。

もちろん、世間一般的には「生きる」ということが最善で、「自殺」というのはあまり良くないことだという印象がついています。

私は、安楽死尊厳死にはどちらかと言えば賛成の立場です。でももちろん、自分の周りの人(友達とか)がそのようなことを言い出したら、一度は絶対止めます。ただ、その「止める」というのは、あくまで自分の価値観で止めてる訳ですから、その安楽死しようとしている人の気持ちは分からないわけです。分からないのに止めるというのは、なんとも無責任なような気がします。だったら、その人の意見を尊重するんじゃないかなと私は思います。

安楽死尊厳死を肯定する理由は他にもあります。それは、もし自分の親が難病を患い、苦しみながら死んでしまうかもしれない時…安楽死尊厳死というものがなければ、本人の希望があっても殺すことは出来ないわけです。さすがにそれは、選択肢が少ないんじゃないか?と私は思います。ドナー提供のように、完全に自分で選ぶことが出来るような制度にすればいいのにと思っています。

 

ただ、そう簡単に出来るものというわけでもないので…当然批判はあるでしょうし、保険金狙いなど、本来の安楽死とは意味の違う形で使われる可能性もあるでしょう。それを考えると、一概に肯定も出来ないのかなと思います。

 

それではー「再见!」