しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか流行りについて書くよ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメだよ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

【現役ブロガーが話す】炎上する理由と炎上回避の方法

どもども。

SNS上でどうしても避けられない、そして無くならないのが「炎上」

過激な発言や否定意見、差別的発言、フェイクニュースなど…様々なことが炎上に繋がります。

とはいえ、自分の思ったことや感じたことを素直に話せないのではSNSの意味がありません。今日はどんなことが炎上へと繋がるのか…そして、どうすれば炎上を回避し、自分の思ったことを素直に話せるのか。そんなお話をしていきます。

恐らくSNS配信者はこのような話をあまりしないと思います。だって「本当は思ってないのにこんなこと考えてるんだー」と思われたくないですからね。でも、あえて私は赤裸々にお話しようと思います。こんな感じで堂々と話すのも私のブログの特徴です(笑)

※これで必ず炎上が防げる訳ではありません。あくまで私の考え、実践方法です。

 

さて、皆さんは時に政治や性別、差別、マナーやルールなどについての考えを持つことと思います。

しかし、それらのジャンルの話をするのには非常に神経を使います。なぜなら、様々な意見を強く持つ人達が非常に多いからです。これらの自分と違う考えの人を否定してしまっては、炎上してしまったり、自分の意見が伝わらなかったり…でも、自分の意見を書きたい!

 

そんな時、私はどうしているか…

それは、出来る限り優しい物言いにすることです!

というのも、私達は誰かに否定されたり、強い口調で説得されるのを嫌うように感じます。だから、「○○だろ!それ以外はおかしい!」の様な物言いは非常に危険だと言えます。

仮に皆さん自身が、正解の無い問を与えられたとします。でも自分の持った意見は、他の人とは違う意見だった。そしてその違う意見の人に強い口調で「お前はおかしい!これが正しいんだ!」と言われればいい気はしませんよね?それに、いくら「人と違ってもいい」という心の広い方でも、嫌な気持ちにはなるものだと思います。

だからこそ「私はこういう意見です。それは○○という理由だからです。」と少し丁寧にするだけで、聞き手としては「なるほど…でも私はこうやって考えます。」と優しい世界が作り出せるのです。

これはリプやコメント返信でも同じことです。自分とは違う意見を持つ人は必ずいます。でも、そんな人が現れた時にカッとなるのではなく、否定する時も優しい物言いにする。それだけでかなり変わってくると思います。

 

さらに、もう一つの方法としては「反対意見を否定していない意思表明をする」ということです。

自分の意見を書いている時は思っていないかもしれませんが、口調によっては相手側が否定されていると思うかもしれません。そのような状況を避けるために、意思表明はやはり大切です。

我々が思っている以上に「察する」ということは難しいもの…だからこそ「意思表明」は大切だと思うのです。

 

いかがでしょうか?

もちろん、答えのない問いではなく、明らかに答えが決まっている場合でも、上記のように「優しい物言いにする」

これだけで炎上リスクはぐっと下がるのではないかと思います。

 

急進的な考えを持つことは悪いことではなく、誰しもが持つことです。私もこのブログに政治関係、経済関係など答えのない問いについてお話しています。

でも、話し方によって、素晴らしい議論に発展したり、時に自分への刃になります。

炎上を望んでいる人は恐らく居ません。だからこそ、望まない炎上が減ることを祈っています。

それでは「再见!」