しがない大学生の万人のためにならない日記

《基本毎日更新》バイト先の先輩に真似て始めたしがない大学生によるしがない日記。気になったこととか今までの経験とか気になることとかの雑多ブログ。チャラくない大学生活がどんなものかとか気になる人にオススメ。 お問い合わせはパソコンの方は横、スマートフォンの方は記事下のプロフィールよりフォームにお願いします。

高齢者に免許返納させるためには…(高齢者事故を踏まえて)

どもども。

 

飯塚幸三氏の事故を始め、様々な老人による自動車事故が増えているわけです。

少子高齢化のこの時代なので、老人が増えるのは間違いないし、その人たちが運転することも珍しいことではないわけで。

じゃあ、なんで事故が増えるのか、どうやったら減るのかというのを私なりにお話しようと思います。そして、どうやったら免許返納させられるのかというのを話したいと思います。

 

 

さて、なぜ事故が増えるのか…当然、高齢者が運転する車が増えている、というのはその通りですが、免許更新時の試験の甘さ。これが挙げられます。私の祖母は二輪の免許を持っていて(今は返納済み)その際に免許更新に行ったらしいのですが…

「なんか、反射神経とか物凄く悪いのに、これで合格なの怖いなあ」って話していました。

そう、合格基準が甘いのです。おそらく別に審査官が不正をしている…というわけではないと思います。単に甘いだけ。

これがまだ地方で車が少ないところならいいですが、東京で地方と同じ甘々レベルの試験をやったらどうなるか…そのあとはご想像の通りだと思います。

もう1つ個人的に挙げられるのは、車の機能の複雑化。割と最近のもの(スマホや家電)は機能が非常に多く、それが車にも当てはまっているな…と感じます。私の家族が乗っていた車は「シビック」→「アイシス」なのですが…後者になった途端の機能の多さといったら、倍くらいになっています。どうしても、車の運転以外のことに気がいってしまう。高齢者事故のみに限らないと思いますが、個人的にこれも原因だろうと思います。

 

 

どうやったら事故が減るのか…

まず何より第一には免許返納の推進です。自動運転でも自動ブレーキでもありません。個人的に、運転者アシストの機能は事故時の責任のなすりつけあいになったりして良いようにあまり感じません。何よりまずは免許返納を進めるべきだと思います。

でも、そのためには高齢者が車を使わなくていい環境が必要。でも、先程も話したように、車の少ない地方は別に気にしなくていい気もします。だからタクシー料金を下げたりするのは都内などの車が多いところだけでいいのではないかなと思います。(まあ、それをしないのが政府なんですけどね…)

 

最後、「そんな対策待ってられない!」という方へ。個人的に免許を返納させる方法を考えてみました。

それは、「子供と思って接すること」だと思います。いや、バカになんてしてないです。なぜこれを言ったかというと、それだけわがままになってしまっているということです。

これに関しては個人的に間違いないと思います。それを踏まえてどうするか。それは、根気よく毎日のように説得することだと思います。

子供より厄介なのはわがままなことですが、子供より良いのは、捨てられるのが嫌だと強く思うこと。そして、こちらが本気になれば多少なりとも分かってくれるということだと思います。だからこそ、こちらが根気よく説得することにより、返納を考える人が増えるのではないかと思います。

 

 

本当に、これ以上被害者も加害者も出て欲しくないなと思います。

それでは「再见!」